副業全般

【仮想通貨】今更聞けない”リップル(XRP)”とはどんな通貨??

Pocket
LINEで送る

昨年から仮想通貨が流行っておりますね!

仮想通貨のことをあまり知らない方も”ビットコイン”ぐらいは

聞いたことがあるのではないでしょうか??

ビットコインは数ある仮想通貨の一つで最も有名なコインです!

そして、それらの次に知名度のあるコインの一つが”リップル”というコインになります。

仮想通貨に詳しい方には起訴中の基礎のコインになりますが、

リップルとはどんな通貨?

と聞かれて全て答えられる人は実はあまりいません。

「仮想通貨」の画像検索結果

 

今回はリップルとはどういうコインなのか、

改めて紹介したいと思います!

 

基本情報

関連画像

さて、リップルの特徴について見ていきましょう!

リップル(XRP)の特徴とは??

XRPの特徴を語る前に

非中央集権型”という言葉の説明をしておきましょう。

非中央集権型とは、何かを管理したり、制御したりする際に

普通はどこか管理元(中央)を作り、全体を把握するという方ですが、

非中央集権型では管理元を作らず、全体で管理したり制御したりしましょう!

という考え方です。

 

例えば、身近な事で例えると、

荷物預り所を作らず、コインロッカーを作るみたいなイメージですかねww

荷物預り所を作ると人件費もかかりますし、荷物預り所に強盗みたいなのが来たら

みなさん全員が困りますよね?

そんなところに荷物を預けられますか?

という感じです。わかりにくかったらすいません。

また、この例はあくまでイメージです。

 

ではXRPとはどういうコインでしょうか??

「XRP」の画像検索結果

XRPとは、

『非中央集権型の取引ができるネットワークで使用されるコイン』

です。

どういうことかと言うと、仮想通貨の特徴の一つは

通貨の取引の管理方法が非中央集権型である事ですが、

リップルは取引自体が非中央集権型なんです。

更に詳しく説明すると、

ビットコインは誰が誰と取引したか、の管理方法を非中央集権型にしている事に対して、

XRPは取引の仲介を非中央集権型にする事によって仲介手数料を極端に抑えることができる

取引方法になります。

その取引ができる決済システムを用いてるのがリップル社という会社であり、

使用されているコインがXRPとなっております。

 

ちなみに取引手数料は国際送金だけでも年間約60兆円もかかっており、

それだけでも会社同士で取引をしたりする際のコスト削減にもなる為

非常に優れたコインとなります。

あまりよくわからなかった人は『為替取引に強いコイン』と覚えておきましょう!

 

発行上限

「仮想通貨」の画像検索結果

発行上限は990億枚となっております。

XRPが他のコインに比べて値段が安いのはこの発行上限が原因となっています。

ちなみにビットコインは2100万枚ですね!

よく値段が安いと流通してないコインであると間違う人がいますが

全く関係ありません。

見るべきは何倍ぐらい増えてるかという”伸び率”なのです。

 

関連会社

「関連性」の画像検索結果

XRPに参入している3つの大きな会社を紹介します!

Google

三菱東京UFJ銀行

③SBIホールディングス

Googleは出資している会社であり、

残り2社はXRPの決済システムを導入した会社となります。

大きな会社が参入していることは仮想通貨業界では非常に重要な要素ですよね!

 

上場している取引所

「上場」の画像検索結果

結果を言うとほぼ全ての取引所で上場しております。

上場していない会社はあるのか?というレベルww

日本の取引所を例に一応記載しておきます。

coincheck

bitFlyer

Zaif

bitbank

GMOコイン

DMM Bitcoin

BITPOINT

QUONIX

・・・・・・

 

今いくら??

「FX グラフ」の画像検索結果

2018年10月末時点で約50円/XRPとなります。

ちなみにMAX時は約330円/XRPほどであるww

また、2017年10月末時点では約23円/XRP

値動きが激しいですねー笑笑

 

まとめ

仮想通貨といえば?

と聞かれると確実に名前が挙がるコインの一つがこのXRP。

今後も恐らく残り続けるであろうコインなので、

基本情報等を把握しておくのは世の中を把握していく上で

必要なことだろう。

是非覚えて帰って欲しい。

Pocket
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る